ここから本文です

メディカルサプライ事業(医療機器・材料供給・SPD)

病院を回り様々な症例に合わせた商材を打ち合わせ、手配します。常に最先端の情報を扱う為、日々の情報収集が必要不可欠です。

土屋 竜馬(つちや りょうま)

土屋 竜馬(つちや りょうま)
株式会社SMC
営業部営業2課

勤務地:北海道 職種:営業
2012年入社 医療工学部 医療福祉工学科卒業

入社した決め手は?
母親が看護師をしており、よく仕事の話を聞いていました。
責任の重い仕事ではありますが日々商品が改良されていく中で、向上心を持ちながら仕事に打ち込める医療業界の営業職にやりがいを感じられるのではないかと考えました。また、母校(大学)からの卒業生も多く入社前からざっくばらんに社内の雰囲気を聞く事が出来たのも入社の決め手の一つです。
日々の仕事内容を具体的に教えてください。
ドクターや看護師と症例に必要な商材の打合せ・手配を行います。
万一のトラブルに備え、様々な状況に対応できる様に商材を用意するので、細部に渡る広い商品知識を必要とします。その為医療機器メーカーとの勉強会も多く開かれますが、知識の足りない部分はメーカーに病院に来てもらい、直接ドクターや看護師へ使用方法等を解説してもらいます。
院内で使用する商材には事務方の許可が必要不可欠なので、ドクターや看護師だけではなく、事務方にも商品説明をします。他の商品と比べ、この商品の長所はどこで、なぜこの商品でなくてはいけないのかを説明した後、価格調整等の打ち合わせを綿密に行います。現場のニーズに答えれるよう常に最大限の努力をします。
仕事をしている上で幸せややりがいを感じるところは?
自ら提案をした商品が採用される事が一番嬉しいのですが、たとえ、提案した商品が採用されなくても、一生懸命な姿を評価していただき、次の仕事につながったとき、やりがいを感じます。特に、患者さんにとって何が一番良いか考えているドクターから、「この間は採用できなかったけれど、個人的にはすごくよい提案だと思いました。また機会があれば、よい商品を提案してください」と声をかけていただいたとき、とてもうれしかったです。
私が希望していた「人の健康に携わる仕事」ができているなと実感でき、モチベーションも上がりました!
社風をずばり一言で言うと?
取締役員や管理職と一般社員、一人一人の距離が近い会社だと思います。
社内では○○社長や○○部長などと役職で呼ぶことがなく、○○さんと身近な呼び方で呼びます。気軽に話合える環境が整っているため縦横の連携が強く、営業情報の共有が多い為お互いに助け合い、学び合える会社です。
将来の目標を教えてください。
常にお客様から必要とされる営業マンになりたいです。
痒い所に手が届く、誠実な営業を心がけます。またプライベートも充実させ、多趣味で魅力的な人間でありたいと思っています。
当社を志望される方へのメッセージをお願いします。
社会人生活は楽しい事ばかりではなく大変な事も多々あると思いますが、非常にやりがいを感じられる仕事です。
先輩達はミスしてしまった事をしっかり叱ってくれます。ただ叱るだけではなく、アドバイス等のフォローも欠かさずしてくれるので、仕事面だけではなく、自分の人間性を大きく成長させてくれる所が弊社の魅力だと思います。

1日のスケジュール例

8:20 出社。当日のスケジュール確認。病院への書類作成。
8:50 病院を訪問し、Dr.Ns.と症例の最終確認(物品手配)。
10:00 別の病院を訪問し、Dr.Ns.と症例の最終確認。
11:00 メーカーと今後PRしていく商材の打ち合わせ①
12:00 昼食。
13:00 メーカーと今後PRしていく商材の打ち合わせ②
14:00 メーカーとDr.の下へ商材説明。
15:00 病院で症例使用物品の確認(補充手配)。
翌日症例の打ち合わせ。
16:00 別の病院で症例使用物品の確認(補充手配)。
翌日症例打ち合わせ。
18:00 会社へ戻り、起伝・見積り・資料作成。
20:00 帰宅。
  • 1日のスケジュール例
  • 1日のスケジュール例

同じ事業のグループ企業を見る