ここから本文です

トピックス

大阪ソリューションセンターが2021年6月より本格稼働

価値ある物流を、未来の医療へ次世代型医療材料物流
「スマートメディカルソリューション」

 グループ会社である小西医療器株式会社が中心となり開発・準備を進めてまいりました医療物流に革新を生み出す最新の医療材料物流拠点「大阪ソリューションセンター(以下、大阪SC)」が2021年6月に本格稼働を開始しております。大阪SCは、医療材料業界において最先端の取り組みを発信する起点となるべく、オープンイノベーションを取り入れ、多くのメーカーの参加による共同開発により無人搬送車(AGV)や自動倉庫、最新のモータローラ等の自動物流設備や、RFID技術を駆使した医療材料管理等、様々な業界初のソリューションを展開しております。当社グループでは、大阪SCが実現する次世代型医療材料物流を「スマートメディカルソリューション」と名付け、医療材料業界の課題解決に向けた総合的なソリューションを提供してまいります。現在、大阪SCは関西圏を中心とした医療施設への運用を徐々に拡大しており、今後はグループ全体での連携も視野に入れて、運用施設のさらなる拡大を図ってまいります。当社グループは、大阪SCの本格稼働によりグループで展開するメディカルサプライ事業におけるSPDの差別化、競争力の強化を図り、さらなる事業拡大を目指してまいります。

※ SPD(Supply Processing and Distribution):物品の供給・在庫管理・加工等の物流管理を中央化/外注化することにより、医療現場の物品を柔軟かつ円滑に管理する方法。

大阪ソリューションセンター

主な特徴

絆創膏1枚から計量!業界初の自動梱包機

 絆創膏1枚から計量できる高度な技術を取り入れた自動梱包機を導入し、大幅な省人化及び効率化を図ります。また、小分け時に重量検品・入荷登録を同時に行うことで作業ミスのリスクも防ぎます。

絆創膏1枚から計量!業界初の自動梱包機

RFID棚での24時間常時棚卸しによる高精度な在庫管理

 業界で初めて小分け単位及びすべての医療材料にRFIDタグを貼付し、それらの医療材料をRFID読み取り機能を備えた在庫棚で管理することで24時間常時棚卸しを行います。これにより、在庫管理の精度が向上するとともに出荷ミスを未然に防止し、より正確な医療材料供給を実現します。

絆創膏1枚から計量!業界初の自動梱包機

高い生産性を実現する最新自動物流設備

 無人搬送車(AGV)や自律型協働ロボットを導入し、従来のピッキング作業の生産性向上を実現しています。また、業界初のRFIDに対応した自律型協働ロボットはピッキング場所への誘導だけでなく、ピッキングした医療材料を瞬時に認識する機能を備えており、これらの技術により誰でも・簡単に・ミスなくピッキング作業を行うことが可能になります。

絆創膏1枚から計量!業界初の自動梱包機

医療材料を清潔に保管。抗ウイルス液剤噴霧システム

 物流業界で初めての試みとなる抗ウイルス液剤噴霧システムを導入し、ウィズコロナ/アフターコロナの両時代において医療材料を常に清潔な状態で管理します。

絆創膏1枚から計量!業界初の自動梱包機

大阪重粒子線センター、累計約1,200人の治療実績を達成

コロナ禍による受診抑制を受ける中、多くの患者様のがん治療に貢献

 第5の事業領域「ヘルスケアサービス事業」の柱である大阪重粒子線センターでは2018年10月の治療開始より現在までに、累計約1,200人のがん患者様を治療いたしました。当施設は、民設・民営として国内初となるもので、医療機関との連携、国内有数のエンジニアリング会社との協働、海外からの視察団の受け入れなど、グループ事業にも大きな波及効果を及ぼしております。
また、公的医療保険の適用が拡大したことに伴い、より多くのがん患者の皆様に、重粒子線がん治療を受けていただく機会が増加しております。当社グループは、今後も最先端のがん治療である重粒子線治療の啓蒙・周知活動を強化し、がん治療を受けるすべての方へ最適な治療機会を提供してまいります。

大阪重粒子線センター、累計約1,200人の治療実績を達成

大阪重粒子線センター、累計約1,200人の治療実績を達成

新たなビジネス領域[KKB]の構築・育成を加速
K(環境)・K(感染)・B(防災)

新型コロナウイルス感染症の拡大により、再認識された重要な社会課題への対応を強化

 当社グループは、「医療」「保健」「福祉」「介護」「サービス」分野に特化し事業を行ってまいりましたが、各分野は複雑に絡み合いながら、その裾野を広げております。また、国連が唱える「持続可能な開発目標(SDGs)」や新型コロナウイルス感染症の流行、さらには、災害大国と呼ばれるわが国の現状など、グループミッションである「生命を守る人の環境づくり」の遂行において、今後取り組むべき課題が浮き彫りとなってきております。こうした中、当社グループは、新たなビジネスとして社会が直面する災害などの課題解決に向けたKKB事業の構築を進めております。当期におきましては、新型コロナウイルス感染症対策として医療機関向けに発熱外来ユニットや簡易隔離ユニットなどを開発・提供し、また、「エアネス」の新シリーズや「SHIPマスク」等のPB商品を積極的に提案いたしました。さらに、防災ソリューション事業を展開する株式会社ワンテーブルと提携し、「医療」×「防災」産業の創出を目指していきます。
当社グループは、このような事業を通して持続可能な社会に貢献するとともに、グループの長期的成長を目指してまいります。

新たなビジネス領域[KKB]の構築・育成を加速

新たなビジネス領域[KKB]の構築・育成を加速

2021年4月1日を効力発生日とする1:2の株式分割を実施

 当社は、当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様に、より投資しやすい環境を整え、投資家層の拡大と当社株式の流動性向上を図ることを目的に、2021年4月1日を効力発生日とする普通株式1株につき2株の割合の分割を実施いたしました。

2021年4月1日を効力発生日とする1:2の株式分割を実施